効果的なコンテンツマーケティングは?良く用いられる手法をご紹介します! | ホームページ制作ブログ | 大阪の集客・SEOに強いホームページ制作【S&Eパートナーズ】

ホームページ制作ブログ

2018/02/28ホームページ運用ノウハウ

効果的なコンテンツマーケティングは?良く用いられる手法をご紹介します!

皆さんは『コンテンツマーケティング』という言葉を聞いてどのような物か即座にわかりますか?

様々なマーケティング手法が取り組まれる中で、ここ数年、一気に拡大してきたマーケティング手法が『コンテンツマーケティング』です。実際にGoogle Trends等で見てもぐんぐん検索数が伸びていて非常に熱いキーワードになっており、いま、最も注目すべきマーケティングキーワードと言っても過言ではないかもしれませんね。

コンテンツマーケティングとは、企業などがオウンドメディアを用いて大量にコンテンツ記事を配信し様々なトラフィックを獲得する物が主になっていますが、他にも動画等を用いて自社のブランディングを強化する目的の物、コミュニティーやフォーラム、口コミを集めて自社のコンテンツに誘導する物など様々なタイプの物がコンテンツマーケティングの手法として存在します。

しかし、「最近流行っているから自社でもコンテンツマーケティングを始めよう」等と考える企業の多くは、自社の目的にはどのような手法の物が最適なのかが分からず、コンテンツマーケティングを始めたは良いものの何の成果も見えないと早々にやめてしまうといった事例も多く見られます。

コンテンツマーケティングには最低限押さえておかなければならないポイントもあるのですが、その辺りの事が分からないと言う方はまだまだ多く存在しています。そこで今回は、コンテンツマーケティングを始めたいけど、いったいどこから手をつければいいのかわからないと言った方の為にコンテンツマーケティングが注目される理由や、代表的な手法をご紹介します。

目次

そもそもコンテンツマーケティングって何?

まずは「そもそもコンテンツマーケティングって何?」という方の為に簡単にご紹介します。コンテンツマーケティングとは自社の顧客となりうるターゲットユーザーに向け、価値のあるコンテンツを制作し継続的に提供することによって、そのユーザーを惹きつけ自社のエンゲージメントを生み出すことにより、最終的にユーザーが収益を生む行動をとるようにしてもらうための一連の手法の事をまとめて表しています。
この『コンテンツマーケティング』という言葉は新しくできたのかなと思うかもしれませんが、アメリカなどでは10年以上前からこの概念があったそうです。また、日本で本格的に浸透し流行し始めたのは2015年ごろと言われています。

コンテンツマーケティングに最も重要なのは、ユーザーが有益と思う(見てよかった、ためになった等)様なコンテンツを継続的に発信する事です。それによってユーザーの信用を得て、自社のサービスや商品の購入という行動を取ってもらう事が目的ですが、『継続的』に『価値のある』コンテンツの配信はなかなか難しいもので、途中で配信を停止してしまう企業も多くあります。

何にせよコンテンツマーケティングにとって、ユーザーを魅了する価値のあるコンテンツを継続的に配信することが大前提になる物です。簡単そうに見えますが非常に難しい事です。

コンテンツマーケティングが流行している理由

それでは次に、なぜ日本国内でここまでコンテンツマーケティングが流行しているのかという点を考えてみましょう。アメリカでは10年以上前にはコンテンツマーケティングという概念があったご説明しましたが、実は100年以上も前から秘かにマーケティング手法として使われていた事例はあります。詳しくは説明しませんが例えば皆さんもよく知るミシュランのミシュランガイド等は1900年からあります。

それではなぜ今、日本でこれほどコンテンツマーケティングが流行っているのでしょう?これには様々な理由がありますが代表的な物は以下の様な理由と言われています。

【コンテンツマーケティングが注目されている理由】

  • 売込み型マーケティングにうんざりというユーザーが増えた
  • Googleにおけるサイトの評価がコンテンツを重視されるようになった
  • 継続的なコンテンツ配信により蓄積するコンテンツが資産になると言う認識になった
  • ローコストでスタートできる

コンテンツマーケティングが流行している理由には上記の様な物があると言われています。もちろん他にも様々な理由はありますが、今回は上記の理由を簡単にご紹介します。

売込み型マーケティングにうんざりというユーザーが増えた

近年では今まで主流であった『売込み型』と言われるマーケティング手法がユーザーに敬遠されるようになってきました。それは広告側が発信する情報のほとんどがユーザーに「物を買わせたい」という意図が見え見えだからです。その為、広告側が多大な費用をかけて発信する情報のほとんどがスルーされ、費用対効果が非常に悪くなっていると言われています。

売込み型にうんざりしたユーザーは自分で必要な情報を取得する為にGoogleなどで検索するという、所謂、プル型と言われる行動をとるようになっています。その為、ユーザーが疑問に思った事に対して適切な情報を与え、問題を解決するためのコンテンツを用意することでユーザーとのつながりが出来る為、多くの企業がコンテンツマーケティングという手法を使うようになったのです。

Googleがコンテンツ重視になった

これは従来型と言われるSEO対策が通用しなくなったという事にも関係しますが、簡単に言うとGoogleの検索アルゴリズムが大幅に変更されたため、今まで通用していた手法が使えなくなり、よりユーザー目線のwebサイトが正当な評価を受けるようになった事に起因します。

Googleのガイドラインには様々な要素がありますが、基本的に「ユーザーにとって有益で使いやすいwebサイトを増やす」ことが目的とされています。その為、ユーザーにとって良質で有益なコンテンツを作成し、配信することでWebサイトは正当に評価され上位表示してもらえるようになっています。
こういった理由があり、多くの企業が従来型のSEOでは立ち行かなくなり、ユーザー目線に立った継続的なコンテンツの配信でトラフィックを集めようとするコンテンツマーケティングに移行してきたのです。

コンテンツは自社の資産になる

皆さんは一度配信したコンテンツが自社の資産になると聞くとどう思いますか?今一イメージできないと言う方の方が多いかもしれませんね。というのも今までマーケティング手法では基本的に「マーケティングに使用した費用=広告費としての支出」とみなされていますよね。
例えばLP(ランディングページ)を作成しリスティング広告を配信すると言った場合、広告配信期間が終わればそのLPなどの価値も終了します。

しかし、コンテンツマーケティングとして配信されるコンテンツは一度配信すれば掲載するサイトが残っている限りweb上に残り続けます。そして、そして誰かが検索した時にはそのコンテンツは表示され続け、広告としての価値を持ち続けます。こう考えると「コンテンツ=資産」という考え方は理解できますよね。
Googleはユーザーにとって有益と判断する質の良いコンテンツを上位表示し続けてくれますので、配信したコンテンツは常に集客を続けるページになってくれる可能性があるのです。

ローコストでスタートできる

様々な広告と違って、コンテンツマーケティングはローコストでスタートできると言うのもメリットです。
例えば自社内でコンテンツの企画、ライティング、コンテンツ制作、編集を行ったと考えればそこに必要な費用は人件費ぐらいですね。もちろんこれは非常に難しいものではありますが、コンテンツマーケティングの基本は、自社が持っているノウハウを必要とするユーザーにわかりやすく伝える事なので、やろうと思えばできなくはないのではないでしょうか。

ただしコンテンツマーケティングは基本的に即時的な効果を求めるタイプの広告ではないという事は最初に理解しておくべきでしょう。どちらかというと潜在顧客の疑問や要望を掘り起こす事がスタートになるのである程度長い目で見る必要があります。これもあって安価で始める事が出来るとスタートしたコンテンツマーケティングを早々にやめてしまうと言う企業も少なくないのです。

コンテンツマーケティングの代表的な手法

ここまではなぜ今、日本国内でここまでコンテンツマーケティングが流行っているのかをご紹介してきました。上述した理由以外にもクラウドソーシングが一般化しているという事やコンテンツがSNSで拡散されやすくトラフィックを稼ぎやすい等といった理由もあります。
しかし、コンテンツマーケティングが効果的というのは良く聞くけど、何をはじめたらいいのかわからないと言う方もまだまだいますよね。コンテンツマーケティングは目的や自社が持っている強みも様々ですので『これが正解!』というような手法は明確に言う事はできません。ここでは現在、代表的なコンテンツマーケティングの手法をあげますので是非、参考にしてみてはいかがでしょうか?

バイラルコンテンツ

バイラル(viral)とは「ウィルス」を指しています。つまりバイラルコンテンツとは爆発的に拡散しやすいコンテンツの事を言います。特にSNS等を通して拡散しやすいコンテンツを作る事が重要で、思わず『いいね!』を押したくなるコンテンツです。どのような物がバイラルコンテンツと言われるのかを簡単に紹介すると、

  • 感心・感動等の感情を揺さぶるようなコンテンツ
  • 世の中で話題のテーマなどユーザーが気になる情報を含むコンテンツ
  • 知名度や権威性を活用したコンテンツ

バイラルコンテンツとは上記の様にいかに他の人にも伝えたいと思わせるようなコンテンツ作りが重要です。

動画コンテンツ

動画コンテンツも多くのコンテンツマーケティング上で利用されています。動画を制作する為には多大のコストや手間がかかりますが、テキストベースのコンテンツと比較すると表現の自由度、音声など幅広い情報の伝え方が可能です。実際に動画はテキストと比較すると5000倍以上の情報を持つと言われていますのでユーザーの感情に訴えかけるようなコンテンツつくりには最適かもしれませんね。

有名人を活用したコンテンツ作り

有名人を使ったコンテンツコンテンツマーケティングで有名なのはライザップですね。有名人の知名度や権威はコンテンツ上では『説得力』に変わります。先に上げたライザップの例を考えると有名人のライザップ利用前と利用後を明確に比較することで一般体験者を利用した場合以上に『痩せる』という説得力が増しますね。
因みに文庫本等の有名人による寄稿や有名人による監修等もこれの一種と考えられます。

記事コンテンツ

コンテンツマーケティングの代表と言って良い程、現在日本国内で主流になっている手法です。ブログなどの様な記事を中心としたコンテンツは導入の障壁も低い為スタートがしやすいというメリットがあります。この記事コンテンツの中でも企画・構成は変わって来ます。例えば、

  • お役立ち・ノウハウ系記事
    自社のサービスや商品に関連するコンテンツが基本で、ユーザーが必要とする情報や解決策を提供するコンテンツを作成し、最終的にコンバージョンにつなげる事を目的としています。
  • 感情型コンテンツ記事
    面白い、感動する、等の人の感情に訴えかけるような記事を作成し、ユーザーのトラフィックを獲得する手法です。感情型コンテンツはSNSやその他webサービスなどでの拡散も起こりやすい為、活用する企業も多いです。反面、テキストのみで人を惹きつけるとなるとかなりのライティング能力が必要となり、自社だけでは対応できないと言った場合も多いです。
  • コンテンツSEOのため
    コンテンツSEOという言葉も近年になって良く聞くようになった言葉ですね。これはとにかく多くの記事を配信し、上位に表示された物をブラッシュアップするという手法が良く取られます。ただし、大量にコンテンツを配信する為の労力や、コンテンツの質の低下などがネックになる場合もあります。

コンテンツマーケティングの手法には上記に上げたもの以外にも様々な手法が存在します。現在の日本国内では記事コンテンツを中心にしたオウンドメディアを利用してコンテンツマーケティングに着手している企業が最も多いでしょう。これには、比較的容易に、ローコストでスタートできると言ったメリットがある為です。コンテンツマーケティングをしたいけど何をすればわからないと言う方は、ひとまず記事コンテンツからスタートするのが良いかもしれませんね。

まとめ

今回は近年多くの企業が着手しているマーケティング手法『コンテンツマーケティング』について、「なぜ日本でここまで流行しているのか?」や「どのような手法があるのか?」についてご紹介しました。
コンテンツマーケティングは数年前までは主流であった手法にとって代わる物として多くの企業が着手しています。日本国内では主に記事をベースとしたコンテンツマーケティングが主流となっていますが、別に必ずしも記事である必要はありません。コンテンツマーケティングは様々な手法があり、それによって効果も違ってきます。
コンテンツマーケティングは自社のターゲットユーザーをどこに置くのか、そのユーザーの態度をどう変えるのかを念頭に置いて最適な手法を選択するようにしましょう!


関連記事一覧