さらばFlash。2020年Web動画の先駆者が幕を閉じる! | ホームページ制作ブログ | ホームページ制作 大阪【S&Eパートナーズ】        

ホームページ制作ブログ

2020/01/09ホームページ制作

さらばFlash。2020年Web動画の先駆者が幕を閉じる!

1996年に「Macromedia Flash」として登場したこの技術は画像や音声を使ったコンテンツを作成するための規格で、動画再生を含むインタラクティブ性の高い技術としてユーザーにリッチな体験をもたらしてきました。
マクロメディア社はアドビシステムズ社に買収されたことで現在はAdobe Flashとなっています。
このFlashがサポート及び配布がいよいよ2020年の年末をもって終了します。

無料ゲームとして賑わったFlashゲームがなくなるのを惜しむファンも多い

2000年代一世を風靡したFlashゲームは今なお人気のあるコンテンツです。Flash終了に伴うかつての資産がどうなるのか心配するファンも沢山います。

 

 

Flashの特徴と欠点

Flashといえば過去にはYouTubeでも使われていたりFlashゲームで使われたりと馴染みの深い方も多いアプリケーションです。
Web制作をするデザイナーの中には、自分で比較的簡単にアニメーション動画が作れるということで非常に好んで使っていた方も多かったように思います。
ホームページを作るために制作会社に依頼する方も、他社のFlash動画を見て自分のサイトもあのようなビジュアルチックなサイトにしたいという依頼がよくきました。
しかし、Flash Playerには闇の部分がありました。脆弱性です。

Flashの脆弱性を悪用したハッカー。

古いFlashの脆弱性を狙ったハッカーがあなたのパソコンを狙っているかもしれません。

穴だらけの古いFlash Playerがそのままパソコンに残されているため、Flashは世界中でコンピューターを乗っ取ろうとするハッカーの攻撃のターゲットになっています。
近年はFlashの脆弱性を悪用し、パソコン自体を乗っ取って暗号通貨で身代金の支払いを要求するランサムウェアによる被害も増えています。
Flashの脆弱性を利用したハッカーの攻撃は政府組織や大手企業、公共機関などが被害を受けるなど深刻な事態を招いています。

 

Flash以外にもDreamweaverやDirector、Fireworks、FreeHandなどのソフトを開発している。Adobe製品と競合しているソフトも多かった。

マクロメディア社はFlash以外にもDreamweaverやDirector、Fireworks、FreeHandなどのソフトを開発している。Adobe製品と競合しているソフトも多かった。

 

また、Flash Playerは2008年に発売されたiPhoneに開発が間に合わず、怒ったスティーブジョブズがiPhone OSでAdobeのFlashテクノロジをサポートしないことを発表しました。
また、不具合の多かったAndroid向けFlash Playerも2011年に開発中止になるなどモバイル端末に搭載されないことで更に衰えていくことになりました。

初代iphoneを発表するスティーブ”・ジョブズ

初代iphoneを発表するスティーブ”・ジョブズ。引用:gizmodo.jp

 

Html5の登場

そうこうしている中2008年頃に草案が発表されたホームページの制作企画「HTML5(HyperText Markup Language)」の登場でFlashの終了が決定的になりました。
このhtml5はhtmlとcss(スタイルシート)だけで動画を動かすことができる技術が搭載されています。
html5とcss3の登場により2010年頃から脱Flashの流れが始まりました。
現在多くのサイトがこの技術を利用して動画やモーションを動かしたり、YouTubeなど大手サイトがこの技術を利用した独自のプレーヤーを開発して動画が見れるようになりました。
提供元のアドビシステムも既存ユーザーへのサポートとしてFlash Playerのセキュリティアップデートを配布を続けてきましたが、2020年末にすべてのサポートを終了すると発表しています。

ホームページを見る方のブラウザ各社も、すでに終了に向けて動いています。、デフォルトでFlashがOffになっていたり、Flashを搭載されているサイトに行くと再生許可がないと見れないようになっていたりします。

 

ブラウザー各社の動き

ブラウザー各社

ブラウザー各社はFlashの終了に向けてカウントダウンの段階に入っています。

 

Google Chrome

Flashの実行にユーザーの同意が必要。デフォルトでFlashを無効化、2020年末にはFlashのサポートを終了しています。

Mozilla(Firefox)

MozillaはプラグインでFlashの動作確認を求めるようになっていてデフォルトでFlashを無効化。Adobeがサポートが終了した後はすべてのMozillaでFlashの利用は不可になっています。

Microsoft(IE/Edge)

ChromiumベースにIE/Edgeではデフォルトで無効にされ、ユーザーはサイトごとにFlashを再び有効にすることが必要になります。そして2020年末に、Flashはこのブラウザーから完全に排除されます。
ただ、EdgeHTMLベースのMicrosoft EdgeとInternet Explorer 11では、デフォルトでFlashを無効にする変更を現状は行わない予定です。

※Chromiumをベース使用しているブラウザGoogle Chrome、ChromiumベースのMicrosoft(Edge)、opera、vivaldiなどは同じ流れになるようです。

Flasheサポート終了警告

Flasheサポート終了でアンインストールを促す警告をよく見かけるようになりました。

 

 

Flash Playerのアンインストール

古いFlash Playerが残っているパソコンをお持ちの方は早急に最新のFlash Playerに更新するかFlash Playerをアンインストールする必要があります。

Flash Player のアンインストール | Windows(外部サイト)

Flash Player のアンインストール | Mac OS(外部サイト)

Flash Playerアンイストール方法

AdobeサイトにはFlash Playerアンイストール専用ページがあります。

 

 

サイト内のFlash対策

もし、あなたのサイトにFlashが残っていたら早急に対策が必要になります。
HTML5などの標準技術への置き換えを急ぎましょう。
よくわからない場合は検索エンジンを使ってFlashファイルを捜索することも可能です。
Googleを利用した検索であれば、拡張子を絞った検索ができるfiletypeとsiteを組み合わせて、「filetype:swf site:あなたのサイト名」のように検索すれば、インデックスされていることが条件になりますがFlashファイルを見つけることが可能です。
(例)www.○○○○○.comの場合,
「filetype:swf site:www.○○○○○.com」と言うワードを検索ボックスに入れて検索をします。

filetype:swf site:あなたのサイト名で検索

検索エンジンで.swfファイルを検索することが可能です。

 

Flash終了に伴う今後の対策

Flashは削除が必要ですが、その代わりは必要です。
近年YouTube広告やサイト内の広告も動画に移行してきています。
Gigabit LANの時代にプラスしてモバイルネットワークも4Gから5Gの時代を迎えます。
子供の知識の多くはYouTubeなどの動画から影響を受ける時代になりました。
Flashがなくなり動画を諦めるのではなく今後の流れは先進の動画をどどんどん取り入れていく方向に進んでいます。
当社のような制作会社に依頼するのも1つの手ですが、自分で作って見たいという方のためのソフトをご紹介しておきます。

 

Adobe Animate CC

Adobe Flash Professiolnalの後継商品Animate CCはHTML5とJavaScriptで制作するツールです。
静止画を組み合わせてアニメーション化するツールです。
ソフトを使わずhtml5、css3そしてJavaScriptを組み合わせてアニメーション化することはかなり難易度が高いですがこちらのソフトはFlash Professiolnalと同じようにタイムラインを使い静止画を動かしていく仕組みです。
Powerpointを使ってプレゼンテーションを動かした経験を持つ方も多いと思いますがもっと直感的ですしデザインも柔軟にできると思います。
初心者でも対応可能ですがアニメーションデジタル素材を作るためにAdobe IllustratorやAdobe Photoshopが必要になる場合があります。

 

Adobe Premiere Pro

動画編集ソフトです。8K素材からバーチャルリアリティまで、あらゆるフォーマットの映像素材を編集できます。ネイティブファイルのサポート、低負荷なプロキシのワークフロー、高速のProRes HDRによって、モバイルワークステーションでも思いのままにメディアを操作できます。
Adobe After Effects(映像のデジタル合成やモーション・グラフィックス、タイトル制作)と組み合わせることでプロフェッショナルな動画制作ができます。
また、Adobe Audition(マルチトラック、波形表示、スペクトル表示などの総合ツールセットを使用して、オーディオコンテンツをミキシング、編集、作成)と組み合わせることで音声編集が向上します。
難易度は高めでパソコンのスペックも高めをオススメします。

2019年12月現在googleの検索エンジンはFlashサイトのインデックスを行っているようですが近い将来危険サイトと認識する可能性もあります。
Flashに関するgoogleのサポートページ(外部サイト)

当社S&Eパートナーズでもモーショングラフィックスやインタビュー動画、YouTubeとの連動などを行っております。
お気軽にご相談ください。
お問い合わせ06-6245-0107


関連記事一覧