ホームページ制作ブログ

2017/04/07ホームページ制作

自社サイトの分析だけでは不十分!よりよいWebサイト制作のために行う現状分析

Webサイトのリニューアルを考える時は、現在目指しているものを
達成できない理由が既存のWebサイトにあるかと思います。
そのため、それをどのように改善するのか、どうすれば目標達成できるWebサイトに
なるのか、よりよいWebサイト制作のためには「現状分析」が欠かせません。

その現状分析は、現在運用中のサイトだけに目がいきがちですが
「現状のサイト」「競合サイト」「参考として取り入れたい要素を持つサイト」の3つの
現状分析を行い十分な洞察を得る事が大切です。

では、それぞれのサイトからどのようなヒントが得られるでしょうか?

自社サイト

自社サイトの分析では、「サイト内が回遊しづらい」「ボタンが分かりづらい」「内容が分かりづらい 」
「ターゲットに対してデザインが合っていない」などの一般的な問題点が指摘できます。

競合サイト

競合サイトと自社サイトを比べる事で、「キャッチコピーの打ち出し方とメインビジュアルのデザインの組み合わせ」「コンバージョンまでのステップが自社サイトよりわかりやすい」「情報のまとめ方の違い」など具体的なヒントを発見する事ができます。

参考として取り入れたいサイト

直接競合ではないが、参考にしたいWebサイトからは「デザインコンセプトをどのような要素を用いて表現しているか」「情報の配置」「どのようにコンバージョンに至らせようとしているか」などの間接的なヒントを得る事ができます。

さいごに

Webサイトの改善案を考える時は、自社サイトの一般的な指摘だけではなく
他社サイトよりも、もっと良いサイトを作るためにどうすれば良いかという視点と、
どうやって実現するかの具体的な視点の2つを得る事が重要です。


関連記事一覧